1. TOP>
  2. ムダ毛のない肌の保ち方

医療レーザー脱毛の特徴1

特徴1

医療レーザー脱毛は効果が表れやすい
脱毛はクリニックのほかにもエステなどで受けることが可能ですが、エステのレーザー脱毛(光脱毛)と違いクリニックの医療レーザー脱毛はレーザーの出力が強力です。
使い方を間違えてしまうと非常に危険なため、医療レーザー脱毛は医師免許を持っている者でないと使うことはできないと言う規則がありますが、レーザーの出力が強いと言うことはそれほど効果が出ると言うことにもなります。
もちろん、レーザーが強いと言うことは痛みを感じやすいということにもなりますが、クリニックで医療レーザー脱毛を行うのは正しい知識や多くの経験を持つスタッフなので、痛みを軽減するための工夫が可能です。

医療レーザー脱毛の特徴2医療レーザー脱毛の特徴2

特徴2

医療レーザー脱毛は早く完了する
出力の強い医療レーザー脱毛は、エステなどの脱毛と違い早く完了するのが特徴です。
例えばワキの脱毛を医療レーザー脱毛で行う場合、回数は約5回前後、脱毛は毛周期に合わせて2~3ヵ月くらい間隔をあけて行う必要があるので、1年前後で完了する方がほとんど。エステの場合は毛周期に合わせて脱毛を行っても平均で2年~3年、人によっては3年間通っても脱毛前と変わらないほど生えてくるという方も居ます。
また、エステは安さを売り文句にしているため非常に人気が高く、毛周期に合わせた予約を入れようと思ってもずれてしまうということが多発しますが、クリニックは問題なく期間を設定して予約を入れられることが多いとされています。

医療レーザー脱毛の特徴3医療レーザー脱毛の特徴3

特徴3

医療レーザー脱毛は機器が複数ある
エステの脱毛で使う機器にも何種類かはありますが、医療レーザーの機器には複数種類があり、特に「ダイオードレーザー」「アレキサンドライトレーザー」「ロングパルスヤグレーザー(YAGレーザー)」の3つが有名で、この3種類のどれか、もしくは複数を導入しているクリニックがほとんどと言われています。
それぞれのレーザーには以下のような特徴があります。
ダイオードレーザー
現在最も多くのクリニックで導入されているレーザー機器です。 冷却チップ搭載で、ジェルを塗りながら脱毛を行うため乾燥肌の方でも安全に脱毛可能。 痛みが少なく、ほとんどの場合はこちらのレーザーが使用されています。
アレキサンドライトレーザー
日本に医療レーザー脱毛が導入された当初から使われているレーザー機器です。 ガスで冷却するため、ダイオードレーザーよりも痛みを強く感じますが、顔やうなじなどの毛が細く範囲が細かい部分にも対応可能。
ロングパルスヤグレーザー(YAGレーザー)
肌の色などを選ばないため、色黒な方や男性に適したレーザーです。 レーザーが深いところまで届きやすいため、ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーの効果が出にくい場合に使用されることも。

医療レーザー脱毛の特徴4

安全性
エステティックサロンの場合レーザー脱毛をしても、実際に治療を施すのは、美容脱毛エステティシャンと呼ばれる資格を持っている人もいますが、素人とも呼べるスタッフが施術することもあります。
一方、新宿などの医療機関で行う医療脱毛は、医療行為として医師免許を所持している医者のみが治療を行います。
施術の際に使用するレーザー機器は、扱いによって脱毛効果に大きな差が出ることはいうまでもありませんが、光の照射で熱を与えるので、使用によっては肌に火傷などの危険を伴います。
医療脱毛では、万が一に緊急のトラブルがあった際でも、経験や知識のあるお医者様が、責任を持って対処してくれます。
エステでは、提携している医療機関があれば、紹介などはありますが、担当しているスタッフでは応対が難しいです。
新宿のクリニックではライバルも多いので医師だけではなく、サポートしてくれる看護師達も患者様の安全の為に日々勉強を積み重ねています。

ページの先頭に戻る↑

Copyright © 新宿で脱毛 最新比較ランキング All Rights Reserved.